なつ        ひど    や

とある夏の夜の夢に酷く胸を灼かれては

か   みだ        うぃ

心掻き乱されるパラノヰア

けものゆえ    しょうぶん   みつ じゅうじゅん

獣 故の性分か甘い蜜に従順な

   み こ   こよい    かげん    にら

この身焦がし今宵も 下弦の月を睨む

     よ  わ   へだ

二つの世を分け隔つ物 この手で切り刻む為に

みずかがみ  うつ すがた

水鏡に  写る姿さえも変えて見せよう

 

通り雨で終わるなら

泣いて泣いてそれでも泣いて

大きな湖(うみ)になったなら

あなた

貴方は溺れてくれますか

 

わ        ゆうぐ               うつ

侘びしき秋の夕暮れも 舞い散る雪へと移ろう

は        たけ    つ

馳せる想いの丈も降り積もる

ひとめ           せ    なだ 

一目いま一目よと 急く心を宥めては

たまゆら おうせ    あしばや

玉響の逢瀬へと足早に闇を駆ける

 

うめ はな                  う    しばい  かず

梅の華 簪(かんざし)にして 打った芝居の数よりも

いとまごい  わ      いくど  まくら ぬ

暇乞いの侘びしさに幾度も枕 濡らす

 

通り雨で終わるとも

愛し愛しそれでも愛し

千里の山も越えたなら

私を愛してくれますか



しゅくめい  あらが     こいうた つむ はる

宿命に 抗いながら恋唄 紡ぐ春の夜に

 

いと      ほほえ           かげ

愛しき人 微笑むその先に女の影

 

通り雨に過ぎずとも

愛し愛し愛し疲れて

ば    あ   か

化かし合いに勝てぬなら

いっそ二人で

さんず  ふなば

三途の舟場を越えて

とも  がき  せき

共に餓鬼の籍に入ろうか

                 いと

髑髏(されこうべ)さえも愛しい

これ     よめい

此が私の嫁入り

  ちしお          ゆあ  す          まい

血潮の湯浴み済んだら 程なく参ります

創作者介紹

人生は一度きり、楽しむが勝ちなのです✌

ココロ 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()